ゆきのぶろぐ

漫画を描くのが好きです。
Twitter…@YukinobuAzumax

幸せな王様の話。3

見事な結晶の噂は、

隣国にも、そのまた隣国にも伝わりました。

どこかの誰かが、

その結晶を欲しいと願いました。


新国王は見せびらかすように

身に付けていましたが、

ある日それを見たとある大国の王妃が

それを欲しがりました。


大国の国王は、小さな国の新国王に

それを譲ってもらうよう願い出ます。

するとその話を聞いた隣国の姫が、

自分の方がその結晶を持つのにふさわしい、と

新国王に名乗り出ました。


新国王は大国から出された条件で

その結晶を渡すのが惜しくなり、

のらりくらりと返事を遅れさせ、

条件を吊り上げていきました。


ある吹雪の晩、戦好きな国の将軍が

結晶の噂を聞きつけ訪ねて来ました。


「誰もが様々な条件を出して欲しがっている

その結晶を、俺様がこのたった一太刀で

奪ってやったら面白いと思わんかね?」


新国王は震え上がり、

ほんのわずかな条件で

その結晶を渡してしまいます。


大満足で帰って行く将軍を、

新国王は恨めしそうに見つめていました。

あっさりと恐喝に負けた新国王は、

大臣たちや国民たちから

白い目で見られるようになりました。


数年が経ち、遠くの戦で将軍が負け、

結晶を奪われたと噂が広がりました。

結晶は一体どこの誰が持っているのか、

次第に分からなくなっていきました。


その頃、

今までと違う政治に国民の不満が募り、

新国王は暴動の果てに

牢獄に監禁されていました。


兵士は昔を思い出しながら、

新国王にパンと水を運びます。


新国王は最初はブツブツ文句を言いながらも、

次第にそれしか食べられないので、

文句を言う気も失せていました。



「おいお前、私の話を聞け」


新国王は不平不満を兵士にぶつけます。

そして、この国の国民がいかに

愚かで幼いかを切々と語ります。


「私は不幸だ!」

「………」

兵士は黙ってそれを聞きます。


「…前の王は幸せだったのだろうか」

「さあ」

「国民に求められている時は、

とても幸せそうだった」

「そうですか?」

「しかし…国民に求められて過ぎて

不幸になった」

「そうでしょうか?」

「…お前、どう思う?」

「いち兵士である私がどう思うか、

新国王にはどうでも良い事ではないでしょうか?」

「………。寂しいんだ、相手をしてくれ」

「では、私の話も聞いてもらえますか?」

「ああ、もちろんだ」


二人は顔を合わせる度に、

様々な話をするようになりました。


今日のパンの焼き加減はとても良い、と

新国王が話すと、

今年の麦は更に豊かに実っているので、

パンは益々美味しくなりそうですよ、と

兵士が応えます。


雨が長く続く日は、

川の増水は大丈夫だろうか、と

不安がる新国王に、兵士は

建設屋が土嚢を充分に準備しているのを

知らせます。


凍て付く風が吹く夜には、

兵士が窓に板を打ち付け

暖かいミルクを運びます。

新国王は、

兵士の家族も凍えていないか気遣います。


日差しが暖かくなってきた頃、

新国王は解放される事になりました。


崩壊していた国の制度は、

国民自身の不平不満を

国民自身で満たす政治が出来上がっていました。


新国王は肩の荷が下りたようだと、

ホッとしていました。


ゾロゾロといた大臣たちも、

今は新国王を心配した数名だけ残っています。


新国王が兵士に語りかけます。

「私は幸せかもしれない」

「そうですね」

「前王も、幸せだったと信じたい」


「そうだね」


私もそう思います、と

兵士が返事を返す直前に、

頭上の枝に止まっていた小鳥が返しました。


驚いた二人を尻目に、

小鳥は大空へと羽ばたいてゆきました。



おしまい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。